2016年12月 3日 (土)

トラブルによるマシンのリニューアルについて

5000円程度でCore2DuoのFMV-A8280を購入。
購入直後でHDDは消去済みでさる事情からとりあえずDebianをインストール。
入手したモデルは無線LANなしだったり構成はシンプル。

で、本拠地でWin8.1を導入。前に別のマシンに入れ替えた(前のを消して)ときに
電話認証が必要だったのが今回は不要だったので助かった。
タッチパッドとサウンドは7のドライバを導入してうまくいってる(A8280の)。

キーボードその他問題なく、買ってからじっくり見ると意外ときれいな筐体。
USB口も4個あり便利。カードリーダと内蔵無線LANは欲しかったけど、この際
贅沢は言えない。

動作も軽快で目的のことがサクサクできるようになった。

拙ブログで週刊レトロPC Nowというのを書いてるんだけど…

週刊レトロPC Now Radio、とか銘打って、ラジオだと言い張ってなんかやりたい
とか思いついて、ちょろっと思いつくまま軽くルーズリーフ1ページ書き散らかした
けど、微妙にひよってまだ具体的には進めれないのであった…
ネタとしてOh!MZを振り返るのをメインにすると持っている号数稼げるなぁとか
思ったり…

まあ、あとはジャンクに手を出したレトロちっくなものどもでなんかやって、って、
この「なんか」ってのはあやしいんだけど、まあ、ぼちぼち構想を練って…
頓挫するかもしれないのはありありなんだけど…

PC-6001のマシン語モニタを作ろうとして…

N60-BASICでの16進への変換もわからず、剰余のやり方もわからなかったので

すぐにとんざした。とりあえず、hex$に頼らないアルゴリズムは整えたのだが…

昔、PC-6001活用研究の平安京エイリアンみたいなルールの縦型ゲームがあった

んだけど、あれを一度やってみたい。入力もしてみたい。

あの頃はまだマシン語とBASICの違いがわかってなかった。

ただ、エミュレータ作者様方や互換ロム作者様には感謝です。

PC-6001初代には確かマシン語モニタがなかったはずで、16進テンキーや

8001のモニタのように連続で入力していけるモニタが便利でモニタはBASICで

だけど何回か作ったことがあったので。

ただ、今回6001で作ろうとしていきなり洗礼を受けた形に…

FMV-BIBLO MG75Tのバックライト切れ

進捗も遅いしその後どうなるかわからないプロダクト(というほどのものではないが…)で、
Bibloを使ってたのだけどバックライトが切れてしまった。
最初は、突然暗くなってディスプレーの電源設定がおかしくなったか?と思ったけど違った。
悪夢…。
代替マシンを急きょ用意して事なきを得たが、出費が痛い…
まあ、とりあえず頑張って完成させる…
って、なんで外付けHDD、勝手に電源切れるんだよ!(泣)

ただ、いいこともあって、スペックが上がって作業がしやすくなった。

重い処理なのでMG75Tでは固まってしまって強制終了ということもあったので、

そもそも負荷をかけすぎだったのかも知れない。

これで完成することを祈って…

2016年11月 3日 (木)

firefoxが変…(+_+)

firefoxのウインドウ内再描画の様子がおかしく、復元ポイントで戻したりしても同じ症状が…

結局Google Chromeを使うことに…
疲れた…

gbdkとbgb

まあ、ゲームボーイ開発環境とエミュレータなわけですが、参考にさせて頂いたサイト様の
ページから意外とあっさりとハローワールド(”ゲームボーイはまだ終わってない”内:サイト
様ではエミュレータは別のものが紹介されてます)。

なんかハードもソフトもいじるのに規模がちょうどいい感じ。でも、まだ自分には手に余る
かな(汗)(注:カラーよりも前の状態 160x144x4階調)
まあ、実機で動かすのはまだハードルが高いけど。

っていうか、オリジナルドンキーコングやりた~い!(爆)

最新のgbdkを使うなら、gb.hはgb/gb.hとか、あと、他にもgb/下にあるものがある(console.h

だったかな)

linuxでもやったけど、流れでこっちにも書くかも知れません。

ではでは。

ゲームボーイにはまった

ゲームボーイのジャンクにはまってしまいまして、最初のは液晶がビネガーシンドロームに
次にアドバンスはスイッチの接点不良
次に縦にライン抜け2本
次は画面カバーなし

基本的に電池の端子の腐食の設定不良。ビネガーのは偏光フィルムを取ったときに
フレキが断線…
カバーなし(ポケット初期型)の液晶ユニットをビネガーの(ポケット後期型)に移植。

次にソフトもジャンクで購入うち2本が電池切れ。→電池交換

もうちょっと、断線したユニットをじっくり観察してみよう。

それ次第ではライン抜け(ポケット)もなんとかできるかも…

2016年10月30日 (日)

puppyなlinux

wineを導入したらmz700winもXmilもXM6も動いた。

wineのバージョンは1.4
XM6にはmfc42.dllが必要だった。

そろそろ寒くなってきたなぁ。

2016年5月30日 (月)

Windows10

グラボが対応してないとかであえなく玉砕(-_-;)

2016年4月22日 (金)

週刊PC now! (週刊レトロPC now別冊)創刊?

大風呂敷を広げようとする癖は消えないもんで、タイトルを思いついたのでとりあえず書き散らかしに(^^;)

Windows 10の状況が気になっている人がいるようです。
うちには中古マザボにちょっとなんとかWin8.1を入れたマシンがあるので、思い切って
Win10入れてみてレポートしてみようかな、と思います。

こうご期待!


と、こんだけじゃ寂しいので、最近IchigoJamに手を出してみました。
キットで組み立てられて(完成品もあり)4kBのBASICプログラムが作れる
お手製感たっぷりのマイコン。
古き良きマイコン時代を現代の状況と技術と熱意で実現した逸品!
週刊レトロPC nowの方ではレトロ扱いなんですが、これは今現在もある
現代品。

なんとか過去と現代をつなぐ記事を書いていきたいと思います。

«最新Debian+Optiplex GX100

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31